1. TOP >
  2. 関連情報 >
  3. Web標準について >
  4. Web標準とは?

Web標準とは?

Web標準導入のメリット

Web標準とはWeb上で標準的に利用される技術の総称で、簡単に言うと正しいHTMLXHTML)+CSSで制作することと言えます。このWeb標準を導入することによって様々なメリットが生まれるのです。

メンテナンスの向上

HTMLXHTML)ではテキストを正しく構造化、CSSではレイアウトや背景などの視覚表現を設定。このようにHTMLXHTML)とCSSの役割を明確に区別することでWebサイト全体に統一感が生まれ、CSSで設定されたフォントの大きさや色を変更すれば対象Webページ全てに反映されるためメンテナンスが楽に行えるようになります。

アクセシビリティ/SEOの向上

正しいHTMLXHTML)+CSSで制作することで、様々なブラウザ環境に対応できます。これはキーボード操作や音声読み上げソフトなどにも対応できるため、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとっても情報を得やすいWebサイトを提供することができます。また、正しいマークアップSEO対策にも有効となります。

ユーザビリティの向上

正しいマークアップをすれば無駄な記述が少なくなり、Webページのファイルサイズ軽減になります。それと同時にWebページの表示速度が速くなるため、閲覧者が快適に情報を得られるようになりユーザビリティ向上にもつながります。