1. TOP >
  2. 関連情報 >
  3. Web標準について >
  4. 正しいHTML(XHTML)とは?

正しいHTML(XHTML)とは?

タグの目的と用途

基本的にWebページを制作するにはテキストとタグを記述することになります。正しいHTMLXHTML)とは正しいタグの記述でありタグの持つ目的に適した記述と言うことになります。ここではよく使われるタグの目的や規則などをまとめてみました。

<h1>

ページの見出しタグです。表示ページ全体に対する見出しという意味合いからページ中、1回だけ使用するのが正しい使い方です。

<h2>〜<h6>

各ページ内のコンテンツに対する見出しタグです。<h1>が最上位の見出しで順に<h6>が最下位の見出しとなります。<h1>より上位に<h2>〜<h6>が表示されることは基本的にはありません。

<a>

リンクの出発点と到達点を指定するタグでアンカータグと呼ばれます。ページ間をリンクさせるための重要なタグです。

<p>

文章のひとつの段落を意味します。デフォルト(未設定)では自動的に前後が改行されますが、<p></p>のように改行のためだけに使用するものではありません。

<strong>

文章中、最も強調したい部分に使用するタグです。デフォルト(未設定)では太字になるのが一般的です。<b>でも太字になりますが、単にテキストを装飾したい場合はスタイルシート(CSS)での設定が推奨されています。

<em>

<strong>の次に強調したい部分に使用するタグです。デフォルト(未設定)ではイタリック体になるのが一般的です。<i>でもイタリック体になりますが、単にテキストを装飾にしたい場合はスタイルシート(CSS)での設定が推奨されています。

<br>

一つの段落の文章中で強制的に改行させたい場合に使用するタグです。空白をあけるために連続して使用することは推奨されていません。

<img>

gifやjpgなどの画像を表示させるタグです。画像の幅(width属性)と高さ(height属性)を指定した方が、サーバに負担をかけずスムーズに表示されるようです。また、alt属性はテキストのみで表示させた場合の画像の代替テキストです。画像にカーソルをのせた時に説明を表示させたい場合はtilte属性を使うのが適切と言えます。

<ul><li>

<ul>は順不同のリストを表示させるタグで、<li>は各項目を表します。設定によって各項目の先頭に丸(disc)や四角(square)を表示させることができます。

<ol><li>

<ul>は順序のあるリストを表示させるタグで、<li>は各項目を表します。設定によって各項目の先頭に数字(1,2,3,…)、やアルファベット(a,b,c,…)を表示させることができます。

<dl><dt><dd>

<dl>は用語(<dt>)とその説明(<dd>)の定義を構成するリストです。

<table>

表(テーブル)を作成するためのタグです。現実的には表作成よりもレイアウトとしての使用(テーブルレイアウト)が多いようですが、見栄えやレイアウトに関する設定はスタイルシート(CSS)が推奨されています。